KamogawaRC_logo

2017-2018年度
国際ロータリー第2790地区
第6グループ 千葉県鴨川市

2018-2019年度 第59代会長 小高 由加里

〇〇会長_顔写真

会長挨拶ならびに運営方針

 この度、伝統ある鴨川ロータリークラブの会長を拝命し、その重責に身の引き締まる思いと共に積み上げてきた歴史を大切にし、未来に向けての一歩を進めるよう微力ながら精一杯努力して参りたいと存じます。

 2018-2019年度 鴨川ロータリークラブテーマ
  「Face to Face」

 クラブのテーマを「Face to Face」とし、会員同士が顔を見て会話をし相互理解を高め「笑顔と会話が弾む鴨川ロータリークラブ」を目指したいと存じます。会話が増えれば奉仕も増える、そう考え全員で多くの事に取り組める1年を目指します。
 またRI会長テーマを「自ら行動を起こし、クラブ・地域に刺激を与える」と解釈し、それぞれの会員が、それぞれの立場でインスピレーションとなり心を打つ奉仕をしていく事が出来る年にしたいと思います。会員の皆様のご協力を頂きながら精一杯努力して参りたいと存じますので1年間どうぞ宜しくお願い致します。

 1.重点奉仕活動
 ・青少年奉仕(インターアクト・RYLA参加・ローターアクト立ち上げ)
 ・財団・ポリオ・米山への寄付
 ・米山奨学生への支援
 ・次年度地区補助金利用に向けて計画立案

 2.クラブのサポート強化
 ・会員増強(若い会員の入会促進・女性会員純増)今年度目標2名
 ・5年未満の会員への研修(小Meeting・RLIの受講・ざっくばらんな会合)
 ・各委員会の活発な活動、会議、報告
 ・ガバナー補佐の支援(第6グループのホストとして各種研修会等を成功させる)

 3.ロータリー公共イメージと認知度の向上
 ・HPやFacebook等SNSの活用(地域への理解を深める)

 4.「笑顔と会話が弾むクラブ」に向けて
 ・四季を通じた例会、姉妹クラブとの交流・合同例会実施

アーカイブス

関連リンク

ページのトップへ戻る